幼児期の脳にお勧めの習い事

幼児の習い事では、グングン伸びる3歳の時間を無駄にしない。3才から習うなら、本人に興味があって、親がかかわれるもの幼児期にオススメな習い事のbest3やbest5はいろんなところに書かれていますが、大切なのは自分の子供が ”やりたい” と言い出すことと、私たち親が ”これなら一緒に教えてあげれる” と思える習い事 という事が大切です。


理由は、3才児だと、先生に任せっきりでは能力を伸ばしてくれない場合が多い・・・ 等、他にも色々あるのですが、その前に娘が2才半~6才までに習いたいと言って習ってきたものを・・・

 

2才半~3歳に始めたものでは ・メバエ ・公文の算数と国語 ・ピアノのリトミック ・バレエ ・バイオリン ・プール ・ソロバン
脳を育ててくれる習い事。定番のピアノもお勧め。近くで授業を見れて、一緒に勉強しながら復習できる。4才では ・テニス ・体操
5歳では ・空手 ・ギター ・公文の英語

見学を合わせるとまだまだありますが、実際にやってみたのは上記のものです。
色々習ってみた結果、結果がでるものとでないものがハッキリわかりました。

 

私が感じたその主な理由が・・

 

①親が塾で習った部分を家で遊びの範囲ででも復習できるかどうか?
②教室の先生の考え方と能力
③本人の興味とやる気(これは親のやりかたと①の要素が大きいです)

 

この中でも、これならどこの家庭でも ”しっかり結果が出せる” ”伸ばせてあげられる” と思った
習い事は、ソロバンとピアノです。

 

ピアノとソロバンは、3才から出来る上に、両手の指先(大脳を一番使う部位)を使うので、幼児の能力を上げるのにピッタリです。娘もピアノに関しては5才時点で、自分が弾きたいと思った曲は、2週間ぐらいの練習で本人が満足できるレベルで弾けるようになるぐらいになれていて楽しめています。

 

 

5才くらいであれば両手両指をバラバラに使うギターもお勧めです。
今勧めたものは、親が全然知らない状態でも、一緒に覚えて教えていけるやりやすい性質がある上に指先を使うので脳を鍛えれる上に、能力もついて来るという事でお勧めです。


幼児(4才、5才)の習い事にはギターもお勧め。右手ピックの左手弦。違った動きで動かし、目は楽譜、口は歌。同時に使う箇所が多い。ちなみに、一般的に習い事1位のプールですが、娘は本当のパシャパシャの遊びにしてしまい、先生も特に教えるといったことがなかったので、1年半ぐらいでやめてしまいました。
(呼吸や運動と言う意味ではプールはよかったのですが、いい先生がなかなかいなかったので結果やめた・・という事です。)

 

3歳から沢山習ったものを書きましたが、ある程度の期間通って、結果がでないモノは出来る限り早く辞め、脳が鍛えれる大切な期間なので有効に使うようにしてました。

 

子供の頭を良くしてあげたい。IQを伸ばしてあげたい。私自身が唯一お勧めできるのがコチラ

習い事を始める前に3歳の幼児でもできているべき事

まずダメだと思うのは、
・みんなが習っているという理由だけで、親も本人も全く目標無く始める。
・習い事に行っていれば自然と上達すると思っている。
・親自身、子供に教えるつもりもなく、”やりなさい”としか言わない。
・”覚えてね”と言われたことでも次の塾の時間でも全く覚えていない。
・習い事は送り迎えさえしていればいいと思っている。

これらにあてはまる場合は、習い事をしてもあまりいい結果は出ないと思います。
理由は簡単ですが、頑張っている子供の中には、家でもしっかりやっている子が沢山いるので・・。

幼児が習い事を始める前に出来ているべき事とは?時間内、ちゃんと座っていられる、先生の話を静かに聞ける、静かに待っていることができる、教えてもらったことは、少しでも復習(親)してこれる

 

3歳ぐらいから通われる場合でも、習い事の時間、椅子に座っていられる、静かに人の話を聞いていられる、習ったことは家で親が一緒に復習してあげられる
最低、これくらいは出来ないと、習い事に行っても結果がでない + 周りの子に迷惑をかける事になっちゃいますので、最低限はできるようになってから、目的のモノを習うといいと思います。

幼児の大きく差がつく習い事の習い方

前提として、周りの同じ年の子と比べずに、常に2学年先の子と比べるようにして下さい。同じ年の子と比べるのであれば習い事は必要ないので。

 

習い事で差がつく1番の要素は ””先生”” だと、ヒシヒシ感じました。
(実際に同じ習い事で教室を変えただけで、あっと言う間に結果がでたのが何コかあります。)

幼児の場合、””先生”” は教えるだけが仕事ではなく、理解できるように伝えるのも仕事という事を理解していない方も多いです。
中には習い事に行っているのに、ほぼ、遊んでいるだけの3歳児も何度も見かけています。
また、まだ幼児だから・・・ という先生がいるところに行くと、幼児の扱いをされ伸びません。

難しいのですが・・・・ 
幼児だけど教えれば何でもできるという事を理解している先生だと能力を伸ばしてくれますし、またIQやEQについて少しでも理解のある先生であれば、その子に合った上手な対応をできるので嬉しいですね。

幼児の習い事で大切な事

 

なので、ハズレの先生に当たった場合には、スグにやめないと無駄な時間を過ごすことになっちゃいます
これに関しては、3歳の幼児でも伸びる事を理解している先生を探すしかありませんので、電話で聞くか、習ってみるしかありません。

3歳でもしっかり結果、できるようにしてくれる先生はいますので、その先生にあたるかどうかによって、伸びが全く違ってくるのが実情です。

さらに差がつく習い事への親の関わり方

当然ですが、授業内容に口を出すことはありえませんので、親として出来る範囲で関わっていくという意味です。
幼児の習い事では、毎日少しの手間をかけるだけ。一緒に競争や復習習い事は先生によって全く結果が違ってくるのは分かっていただけたと思いますが、更に差を付けるために家での復習が大きな力になります。
少しでも、ちょっとの遊びの範囲でもいいので、一緒に復習をしてあげるだけ、競争してあげるだけでも、子供のモチベーションは(特に3~4才)全く変わってきます。
また、やりたがることは毎日少しずつでも相手をしてあげるだけでも継続の癖もつき、理解力、記憶力もついていきます。
本人が楽しくやれることが1番の上達の近道なので、教え込もうとするよりも結果を出しやすく、習った日に習ったことを復習していく事で、次習い事に行ったときも進みが早くなり、さらに本人も楽しくなり・・と言い循環が繰り返されるのは当然の結果ですね。

幼児の習い事は、少しづつの差が大きな差になり、形になる。毎日の少しの時間で1年後が大きく変わる。

実際に習い事を習った結果

実際、4才の娘も、家では私が一緒にやってあげられる(もともとは私は全くできませんでした)、ソロバン、公文、ピアノ、は3歳から初め、私が思っていた以上に伸びました


勉強の教え方のページで詳しく書いてますが、毎日私との競争だったので、楽しみながらみるみる伸びていき、同じ時期に入った子たちに比べても4歳時点でかなりの差になっていました。
例として、ソロバンでは5才時点でソロバン3級、暗算1級、フラッシュ3段だったのですが、同時期に始めた子はソロバンだけで8級でということもありました。

3才で始めたソロバンは5才時点でソロバン3級、暗算1級、フラッシュ3段。同じ時期に始めた同じ年の子は8級のみ

 

 

また、公文の数学では4歳時点で中学教材でしたが、同時期に始めた子は、早い子で小2教材をやってました。

2歳半から始めた公文では、5才時点で、国語2学年先の小学2年生学習、算数は中学教材、英語は小学5年生教材をやっていました。また、国語が苦手なのも分かりました。


 

ピアノでも、やりはじめ当初は、全く教える事が出来なかった私ですが、一緒に覚えていく感じで進んでいき、5才、6才の時には、周りからも驚かれるくらい呑み込みが早くなってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本人が楽しんでいても、上達、成果が見られない場合は問題あり。教室や復習の仕方を変えると結果が変わる。ここで紹介したのは、基本、親が、子供の授業風景を見る事が出来て、家に帰ってからや、普段の生活の中で復習していけた例ですが、まれに親がかかわれない習い事があり、授業も見れないものもあります
これらに関しては3~4才時点では結果がでにくいと思いますので、今、無駄に時間を使ってやるより、1人でもできる理解力がついた年齢(小学校3年ぐらい?)から始めた方が効率がいいんじゃないかなぁ・・ と思いました。

 

子供の頭を良くしてあげたい。IQを伸ばしてあげたい。私自身が唯一お勧めできるのがコチラ