英語やりたい!と言った時が伸びるキッカケ3才くらいで公文をはじめて、4才でタイピングの為、アルファベットとローマ字を覚えた娘ですが、5才前後で公文の教室で英語をやっている子を見て“英語がやりたい”と。


ダイピングでローマ字打ちをしていた事もあり、入り口が低く感じたようですが、私としては英語を習うぐらいなら・・・違う事を吸収してほしかったのですが、どんな事でも本人が興味を持った事がチャンス・・・という事でしぶしぶスタートでした。

 

ちなみにですが、6才で3学年先以上学習(小5)教材なので、周りにはもっとすごい幼児さんが沢山います。

英検2級合格とか、英会話でペラペラ話せる子がゴロゴロいるので、それに比べると全然なレベルですが、全く英語が分からない親がやる気なく教えた(勝手に進んでいった)にしては順調に進んでるな・・・というレベルで見てください。

 

子供の頭を良くしてあげたい。IQを伸ばしてあげたい。私自身が唯一お勧めできるのがコチラ

幼児が英語の単語を教えて欲しい・・・と。

分からない単語が多いよ。もっと英単語が知りたいなはじめは公文でEペンシルで聞いては、テキストを見て遊んで(勉強)たのですが、単語をよく聞かれるようになり、
私では教えれないので、一緒に本屋に行き、どんなのでよみたいの?と、いろいろ探した結果、娘が知りたがる単語を覚えていくには、英検の単語を覚えていくのが一番合っていたようなので、まずは5級の単語本を購入しました。

本屋ではある程度私が選んで、最後は娘自身が選ぶ感じで選んでるので、最終的には本人の意思を強くするためにも、本人に選ばせてあげるといいと思います。

幼児が覚えた英検の単語が出てくる環境

幼児は環境に合わせて成長する。その環境をつくるのが親ちょうど公文で始めたころの文で出てくる内容も5級くらいのレベルのものだったので、娘も私も、英検や級には全く興味がなかったのですが、単語を覚えては、公文で使えて喜ぶ、公文で分からなかった単語が英検の単語で出てきて喜ぶの繰り返しでした。
この時は公文は一人でやっていたのですが、英検の単語は、読み方(書いてあるカタカナ)と意味(漢字で書いてあるのが多い)は私が教えていました。
こんな感じで相互作用のある教え方だと、ただ覚えるだけでなく、使っていけるので、いいんじゃないかと思います。

幼児に英検の単語を教えるペース

幼児が興味を持った時で、覚えるだけのものは、ながら読みでも十分覚えちゃいます。私自身、中1レベルの英語しか分からなかったので、娘と一緒に覚えていく感じだったのですが、一週間に2ページずつくらいのペースで、幼児にしたら遊んでいる感じのようでした。
週に2ページくらいずつですが、半年もしないうちに、特に目標もなく、色々な事と平行して進んでいましたが3級まで覚えれました。
細かく言うと、1~2日は一緒に読んで意味も教える、3~4日で1ページの上から下までは間違えずに言えるようにする。
分からない時は教えて、また上から言い直す。5~6日で2ページを間違えずに言えるようにする。
間違えたら2ページやり直す。
次の週は前週の2ページをサラッと言ってから、新しい2ページを教える。・・・の繰り返しです。

幼児が3級までの英語単語を覚えた結果

使いたくて幼児が覚えた英単語。英語で使えて楽しそう英検3級までを覚えた結果、はじめは公文に出てくる単語が知りたかっただけだったのが、公文を追い越してしまい、知っている単語ばかりのテキストで“I”とか“am”とか“is”とか“and”と“we”とか“she”とか知っている単語と組み合わせて文にするのが英語の勉強になってました。

 

単語を先に覚えちゃった事で、公文もドンドン進め、一年もしないうちに3学年先まで進め、今やっている所も困ったり、分からなかったりする事なく、一人でスムーズに進めています。(6才の年長時点で小5教材をやってました。)
なので、先にある程度の単語を知っておくだけで、ずいぶん進むのが楽になるんだな・・・と。

幼児に英語を教える順番

ここまで書いてきた、4才半~5才の幼児への、英語、英検の単語の教え方を詳しくご紹介するのですが、私のように英語が全く出来なくても出来る方法で伝えていきます。

①幼児が英語に興味を持つようにする

もっとたくさん、英語の単語がしりたいよ。娘の場合は4才の時の公文の影響。理由は何でもいい。興味を持たせることが大切。娘の場合は公文の英語でしたが、ABCの歌や、TVの中のキャラクターのセリフや看板、どんな事でもいいので、英語に興味を持たせるのが、まず大切な事です。


興味がなければ全然覚えれないし、逆に、興味をもてばあっという間に覚えちゃえるのが幼児の好奇心なので。

 

友達がやっているからなどではなく、自分の内から出てきたやる気がある時に教え始める事が大切です。

②一緒に本屋に購入しにいく

娘の場合は、英検の5級の単語をみて選びましたが、色々な単語本があるので、幼児が “これが見たい” と選んだものを購入します。
と言っても、まだ3,4才なので自分では選べないので、だいたいよさそうな本を選んであげて、その中から、本人に選ばせてあげる。

自分で選んだものであれば、遊びの感覚で進めれます。
辞書系は、英語を始めてからでいいので、よく使うものから覚えられるモノがおススメです。

③英単語を見て、読んであげて言う。それから日本語

はじめは1週間に2ページずつぐらいがいいと思います。
慣れてきたり覚えるコツが分かれば4ページずつくらい。
〈1日目〉まずは、英単語をみながら、指をさしながら、英語を読んであげます。
そして日本語を教えます。(漢字が多い)
次に英語を指ささせながら復唱させ、日本語も言ってもらいます。
これを2~3回ずつ繰り返しながら、ドンドン進んでいき2ページやります。

5才の幼児に英単語を教えるやりかた。1日目は英単語を読んであげてから復唱してもらって、次に日本語を教えて、英単語と日本語を復唱してもらいます。

 

〈2日目〉1日目と同じようにやり、少しでも覚えていたものは、2~3回繰り返し、全くのものは、4~5回繰り返しつつ1日目と同じ2ページをやります。

2日目も赤枠の1つずつ進み、覚えていたものは2回、忘れていたものは4回復唱。それを1日目と同じく2ページやります。


〈3日目〉1ページの上から下までを1日目と同じように1回ずつやります。
次に英単語だけを見せて言わせます。言えなかったものは、すぐに教え、上から下まで終わったら次のページと2ページ進みます。

3日目は1ページの上から下までを間違えずに英単語と日本語での意味を言えるようにします。


〈4日目〉3日目と同じですが、言えなかった英語に関しては3~4回英単語だけを見せて繰り返します。
〈5日目〉5日目からは、英単語だけを見て上から下までを続けて間違えないように言ってもらい、間違えたらすぐに教え、また上から下まで間違えなく言えるまで繰り返します。

5日目は1ページの上から下までを英単語だけを見て、しっかりと間違えずに言えるようにします。


〈6日目〉5日目と同じく、上から下まで間違えずに、言えるようにして、最後に2ページを間違えずに言えるようにします。

6日目は2ページまるまる、間違えずに言えるようにします。少なくても1度は間違えずに2ページ言えるまで繰り返しまsう。

 

これで1週間のスパンとして、次の週は、前週覚えた2ページをサッと言ってから、また新しい次の2ページに進みます。

④5級の英単語を覚えたら4級へ

上記の1週間を繰り返していって5級が終わったら4級へいくのですが、慣れてきていれば、1週間に3ページ、4ページと増やしていくといいです。

初めは1日2ページぐらいでしたが、覚える練習をしているうちにどんどん覚えれるようになってくるので、1週間に4ページ、6ページと増やしていくといいです。

 

覚える練習をする事で、幼児の脳が、やっていることに対応してくるかのように、どんどん出来る様になってくるので、””ちょうどいい”” をやるよりも、すこし頑張らないと!!というレベルのページ量をやっていった方が、覚える能力も伸びるのが早いと思いました。

 

⑤同時に読んでいる本を英語に訳す

訳すといっても「アンがごはんを食べて・・・」とあったら、eat「イート」だね、レベルでもいいので、普段のやっている事の中で英単語を使える時に使っていく。

本の中に出てくる、3級で覚えた以内の英単語に変えれるものがあったら、英単語に変えて遊んでいきながら本を読んでます。


あと、日常生活であれば、「あそぼっか?プレイしよ、プレイ」とかです。

ただ英単語を覚えるのではなく、使っていく

覚えるだけでなく、使う事が意味が出てくる⑤と同じですが、娘は公文の単語が目的で始めてすぐに覚えた単語が使っていけたので、ドンドン覚えていけました。逆に公文で3級までに出てこない単語も出てきても、Eペンシルと意味を2~3回言ってあげただけで覚えれるように。
覚えていくだけでなく、アウトプットしながら進む事で、早く結果がでます。

英単語を指でなぞりながら発音する教え方

慣れてくると、見た感じのニュアンスで読めるようになってくる③の〈1日目〉で書いた英単語を“指でなぞりながら”というのは、効果が大きく、5級4級では気付かなかったのですが、3級に入る頃にはローマ字を覚えている事もあってか、初めて見る単語でも変わったものでなければ、教えてなくてもみで言える単語がたくさん増えてました。
公文のテキストで初めて出てきた単語でも“パッ”と見て、だいたい読めていました。
こうなると、日本語で意見を教えても、早く覚えてくれるので、私も楽になり、娘もますます英語が好きになってました。

英単語を幼児に教えたメリットとデメリット

TVの英語を楽しめる幼児。楽しめる幅が広がった5才の時に始めた公文の英語がさらに楽に進められるようになったのは、娘にとって大きなメリットでした。
親からのメリットとしては、英語に苦手意識を持つどころか楽しんでやってくれている事が大きく、NHK等で英語のTVがやっていると参加して見ています。


そして公文では私が何も教えていなくても6才時点で3学年先なので、小学校は安心だな・・・という安心感です。

デメリット

デメリットというのか分かりませんが、英会話とはまた違うようで、幼児(5才)から始めていますが英語耳というのは育っていないのかな?と。

出来る様になってのデメリット??というのかわかりませんが、それくらいです。


結果ですが、私としては10才とかになって、一気に覚えればいいな・・・と思っていたのですが、5才で興味を持ってくれて、英単語だけ教えたら、公文やTVでドンドン覚えてくれているのでよかったな・・・と。
また、パソコンのプログラムにも繋がっていってくれる事を思うと、今ではもっと早くやってれば良かったと思います。

また、通常の生活では、英語を使う事がないですが、インターネット等では、チャットでもメールでも英語で出来るので、使いたくなる環境を作るのも大切だと思いました。

 

私達の時代とは違い、使えるのが当たり前の時代なので、今からの子供には英語が必須ですね。
その必須の英語の元になる英単語を早く覚えれるコツ(能力)を、幼児のうちにつけておけたのは、かなり大きかったと思います。

 

子供の頭を良くしてあげたい。IQを伸ばしてあげたい。私自身が唯一お勧めできるのがコチラ